【完結済み】ゼブラーマン 1巻

ゼブラーマン

完結

5冊

原作:宮藤官九郎 漫画:山田玲司

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    2010年。八千代区では女子高生を狙う切り裂き魔を筆頭に、猟奇的な事件が多発していた。だが、その街の小学校教師・市川新市は、自分の人生へのギモンや家族に忍び寄る狂気に気づかないふりをして生きてきた。特撮ヒーローおたくの彼は、かつて低視聴率のため7話で打ち切られたというTVヒーロー『ゼブラーマン』のコスプレに夢中になっていたが…(第1話)。

    続きを読む
    ページ数
    223ページ
    提供開始日
    2014/06/23
    連載誌/レーベル
    ビッグコミックスピリッツ
    出版社
    小学館
    ジャンル
    青年マンガ
    • ゼブラーマン 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ゼブラーマン 全 5 巻

      3,025円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    4.5
    6
    5
    3
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/01/15Posted by ブクログ

      未レビュー消化。山田玲司版ゼブラーマン、山田先生の言いたいことが直球で伝わってきた作品でした。自分も信じ続ければ救われるみたいな思想は嫌いで、そこに常に考えるという思考が入ってない限りその思想は危うい...

      続きを読む
    • 2011/09/22Posted by ブクログ

      白黒つけずに逃げ続けてきた大人たち。灰色、グレイ。 これって、311までの日本人の姿だよね。 311で強制的に問題と向き合うことを突き付けられたけど、それでもまだまだ目をそらし、逃げ回ろうと足掻く大人...

      続きを読む
    • 2011/09/22Posted by ブクログ

      8年も前にこんな作品があったとは。 でも、これは311後の今こそ読まれるべき作品と思う。 「君の人生は…、それでいいのかい?」 今、日本人全員に、この問いが投げかけられている。

    開く

    セーフモード