いちばんいいスカート

谷和野

462円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

スカートの中には秘密が隠れている―――デザイナーの母から、女の子のスカートがふくらんでいる理由を聞いた僕。その不思議に魅せられて…!?表題作「いちばんいいスカート」ほか6編を収録。ちょっと不思議で、ちょっと変。だけど心がほっこりする、珠玉の短編集。「みづくろい」服は、人生の大事な一部。「同居もん」一人暮らしの私の部屋に現れた透明人間は…?「おこったちゃん」おこったちゃんは、おこたです。いつもおこってます。「空に落ちる」““あの世””って、どの世?「みんなの、大きなかわいい子」僕のお母さんは、町の真ん中に立つ大きなモミの木で…「よいお菓子わるいお菓子」““好き””と““きらいじゃない””って、けっこう違う。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    不思議な設定が多い短編集。
    どれも良いけどお気に入りは「同居もん」「みんなの大きなかわいい子」。
    足首だけの幽霊が家にいるっていう設定が妙にツボです。全く害はなくて寧ろトゲ子のことを気に入ってて居つい...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    タイトルと表紙から裁縫やデザイン関係の短編集かなと思って手に取った。ページを開いてみて、不思議な世界が広がっていたのに吃驚した。

    スカートの中の話や古いセーターの話があるかと思えば、不思議な同居人(...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    クリスマスツリーのお話がなんだかとてもよかった。ヨハンのことをどう思ってるかっていうマリアの気持ちは、結局最後まで伝わったわけではなかったんだけど、でもなんだか悲しいとは少し違う、不思議な気持ちになっ...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000278002","price":"462"}]

セーフモード