70歳まで働く―週刊東洋経済eビジネス新書No.62

編:週刊東洋経済編集部

216円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

    70歳、さらに75歳まで働く時代が迫ってきた。年金の支給開始が70歳前後まで引き上げられる可能性が高い。60歳になったら引退生活に入るというパターンは、完全に過去のものだ。起業にしろ、再就職にしろ、武器となるのは、これまでの仕事で身に付けたノウハウや人脈。会社で10年以上続けた仕事があれば、それを核に、自分の「わざ」を磨くこと。その「わざ」を求めている職場はたくさんある。中小企業では、人材不足もあり大企業で経験を積んだシニアへの期待が大きい。ベンチャーも同様。企業社会のルールを熟知したベテランは、まさに「即戦力」になりうるのだ。起業から再就職まで「定年後」の仕事を徹底的にガイドする。本誌は『週刊東洋経済』2014年2月15日号第1特集の33ページ分を抜粋して電子化したものです。【主な内容】45歳から考える「次の仕事」Part1ゆる起業で長く働く起業熱に沸くシニアローリスクで成功する「ゆる起業」のすすめ知らないと損をするシニア起業支援策シニア起業の達人たちPart2発見!シニアの仕事図鑑人気度・難易度別再就職先総まくり人材不足の介護業界はシニアこそ活躍できる営業も人脈も不要、クラウドでフリーに対談出口治明(ライフネット生命保険会長兼CEO)/柳川範之(東京大学大学院経済学研究科教授)Part3「次の仕事」探しの基礎知識“資格仕事”のリアル年収1000万円も。アジア再就職の実情ハローワークは宝の山。シニアのための活用指南現実は厳しい再雇用の道。会社人生終盤の正しい歩き方Interview歴史小説作家童門冬二

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード