【最新刊】宮本武蔵 完全版

宮本武蔵

吉川英治

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

この本はアプリ専用です

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    剣禅一如の境地を求めて剣の道を極めんとした宮本武蔵の半生を、吉川英治が国民的ロマンに昇華!功名を立てようと関ヶ原の合戦に臨んだ新免武蔵(しんめん・たけぞう)、十七歳――。合戦後、いったん村に戻った武蔵だったが、理由あって、幼馴染の又八の許嫁だったお通と二人で村を出ることに……。その後、沢庵和尚に諭された武蔵は剣の道を極める決意を固め、武蔵を慕うお通を残し、修行の旅に出るのだった。武者修行の旅を始めた武蔵は、京都四条道場の吉岡一門、夢想権之助、宍戸梅軒など幾多の武芸者に出会い、成長していく。そして、遂に宿命のライバル、佐々木小次郎との決闘を迎える……。目次地の巻鈴毒茸おとし櫛花御堂野の人たち茨孫子縛り笛千年杉樹石問答三日月茶屋弱い武蔵光明蔵花田橋水の巻吉岡染陽なた・陽かげ優曇華坂河っ童春風便巡りぞ会わん茶漬奈良の宿般若野この一国芍薬の使者四高弟水の巻(続)円座太郎心火鶯女の道火の巻西瓜佐々木小次郎狐雨幻術怨敵美少年わすれ貝無常旧約物干竿山川無限神泉冬かげろう風車奔馬冬の蝶心猿公開状孤行八寒針微笑魚紋風の巻枯野見生きる達人夜の道二人小次郎次男坊ふくろ路地悲母悲心鍬町人春の雪雪響き今様六歌仙牡丹を焚く断絃春を病む人伽羅の君門明日待酒必殺の地月一つ木魂はぐれた雁生死一路風の巻(続)霧風菩提一刀乳蝶と風道聴途説連理の枝送春譜女滝男滝空の巻普賢木曾冠者毒歯星の中導母の杖一夕の恋銭虫焚き下り女郎衆火悪戯草雲雀草分の人々喧嘩河原かんな屑梟通夜童子一指さす天この師この弟子土匪来征夷卯月の頃空の巻(続)入城府蠅かたな談義道草ぎつね懸り人飛札仮名がき経典血五月雨心形無業雀羅の門街の雑草二天の巻衆口虫しぐれ鷲青い柿露しとど四賢一燈槐の門さいかち坂忠明発狂始末もののあわれ撥魔の眷属八重垣紅葉下り荷駄漆桶兄弟弟子大事柘榴の傷み夢土花ちり・花開く二天の巻(続)逃げ水の記栄達の門天音円明の巻春告鳥奔牛麻の胚子草埃童心地描図大日古今逍遙紐春・雨を帯ぶ港熱湯無可先生無為の殻苧環円飾磨染風便り観音世の潮路待宵舟鷹と女と十三日前馬の沓日出づる頃彼の人・この人

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/25
    出版社
    ゴマブックス
    ジャンル
    文芸

    セーフモード