【最新刊】三国志 10巻

三国志

10冊

吉川英治

220円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    目次◆中原を指して◆美丈夫姜維◆祁山の野◆西部第二戦線◆鶏家全慶◆洛陽に生色還る◆陣中に戯言なし◆高楼弾琴◆馬謖を斬る◆髪を捧ぐ◆二次出師表◆二度祁山に出づ◆食◆総兵之印◆司馬仲達計らる◆天血の如し◆長雨◆賭◆八陣展開◆竈◆麦青む◆北斗七星旗◆木門道◆具眼の士◆木牛流馬◆ネジ◆豆を蒔く◆七盞燈◆水火◆女衣巾幗◆銀河の祈り◆秋風五丈原◆死せる孔明・生ける仲達を走らす◆松に古今の色無し◆篇外余録◆諸葛菜◆後蜀三十年◆魏から―晋まで●『三国志』解説/渡部昇一【第10巻】

    続きを読む
    提供開始日
    2014/05/25
    出版社
    ゴマブックス
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    5
    5
    1
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/04/22Posted by ブクログ

      曹操が死に、劉備も死に、魏蜀呉の3国が残るけど、もうすでになんのために戦争をするのか分からなくなってきている。
      それぞれの国で安定した生活が営めるのであれば、わざわざ戦争する必要がどこにあるのだろう?...

      続きを読む
    • 2018/03/31Posted by ブクログ

      関羽、曹操、張飛そして劉備と、次々と諸雄の最期を迎え、南蛮征伐を終えた諸葛孔明も、いよいよ出師表を掲げて魏との決戦に向かいます。
      三国志のクライマックスなのですが、気持ちとしては白帝城で終わってほしか...

      続きを読む
    • 2016/04/01Posted by ブクログ

       関羽、張飛、劉備。1巻から中心として動いてきた男達の終焉。そして孔明を主人公とする新たな蜀の戦い。少しずつ寂しさを増していきます。

    開く

    セーフモード