今、世界は日本を求めているか?

田村耕太郎

330円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人よ、チャンスを掴んで立ち上がれ!もはや国内だけに目を向け、それで済む時代は終わったと言える。さぁ積極的に国外へ目を向け、日本を飛び出す準備を整えよう。世界を股にかけて活躍する著者による、「時代の変化」を伝える刺激に溢れた一冊。【目次】はじめに●日本人は本当に強いリーダーを求めているのか?―「ジャパン・アズ・ナンバーワン」著者のエズラ・ヴォーゲル教授に聞く●イタリアは死なず!~インド・アフリカ・パワーでよみがえる?成長の源は観光よりもモノづくり●インド発のイノベーションが世界を変える日本企業よ、インドを目指せ!●世界人口は減少へ!「一生現役」の時代が到来!モスクワに集結した世界のエリートたちの心構え●インド人の自信「常に我々の時代なのだ」日本企業は“インド好き”を現地に派遣せよ●ベンチャー王国イスラエルの悩み大企業が育たないことが地域不安定化につながる●列強に囲まれた宿命が韓国パワーの源泉日本は緩さで勝負するのが得策?●今こそ日本版政府系ファンドを設立せよ!金融こそ日本が食べていく道●“自虐”日本に驚く世界のエリートたち―日本人の自国批判で傷つく人も●北方領土と日露戦争を知らないロシア人ロシアより愛をこめてその1●日本企業は、露大統領選後の変化を先取りしてビジネスチャンスにせよ!ロシアより愛をこめてその2●絶頂期にあって苦悩するシンガポール30年でGDP13倍!しかし国民の結束意識が懸念●富と技術と人を集める“企業国家”シンガポール日本の「埋もれた技術」を世界に広げるしたたかさ●アブダビが証明する“欧州危機は日本のチャンス”激化する韓国企業との戦いに勝て!●二度地獄から這い上がった台湾系NBAスタージェレミー・リンの成功に学べ●グローバル化で勝ちたいならインド人脳を取り入れよ!5歳の小学生が19×19を諳んじる●日本国と日本企業の運命は別ではない!デ・カップリング論には無理がある●日本が世界で勝つ秘訣エバーノートCEOと上海からの留学生たちに学ぶおわりに

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000276956","price":"330"}]

    セーフモード