【最新刊】闇を駆けぬけて

闇を駆けぬけて

[著]リサ・マリー・ライス/[訳]上中京

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    私はサリーなんかじゃない。殺人事件の重要証人として命を狙われ、名を変え、身分を偽ってアイダホの片田舎で暮らすことになり、ジュリアはわが身の不幸を嘆くばかり。しかし、孤独に震える日々は一変した…クーパーと出会ってから。元特殊部隊の寡黙な牧場主。でも優しさを内に秘めた男。やがて彼女の持ち前の明るさは、クーパーを、そして寂れた田舎町を希望で照らしてゆく。だが、殺し屋の影は着実に彼女へと迫っていた!“真夜中”シリーズの著者が放つ究極のロマンティック・サスペンス!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    扶桑社BOOKS
    出版社
    扶桑社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 闇を駆けぬけて2020/01/26Posted by ブクログ

      マフィアの大ボスが絡む殺人事件を目撃したため、証人保護プログラムで遠く離れた田舎町で小学校の教師となり身を隠す事になったジュリア。問題を抱えた生徒の親に面談を求めた所、現れたのは元SEALで牧場主のク...

      続きを読む
    • 闇を駆けぬけて2011/05/28Posted by ブクログ

      ヒーローが『前戯、前戯、前戯、服をはぎ取るとすぐ…なんて、しない、しない、しない』と独り自分に言いきかせながらヒロインのもとに向かい、結局やっちゃてから『前戯』と思いだし、ヒロインは『あとでね』……大...

      続きを読む
    • 闇を駆けぬけて2009/09/30Posted by ブクログ

      細部まで丁寧に書かれてあり、登場人物がとても魅力的で、
      事件を通してハラハラさせられながらも、
      最後には微笑ましい落ちまでついて、大変面白く読めた一冊。

    開く

    セーフモード