【最新刊】私の日本古代史(下)―『古事記』は偽書か――継体朝から律令国家成立まで―(新潮選書)

私の日本古代史

上田正昭

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代史とは「日本」の深層を探ること――日本という国号はいつ成立したのか?大王家はなぜ天皇へと変わったのか?万世一系に断絶はなかったのか?そして最大の謎、『古事記』は果して偽書なのか?縄文以前から国家としてのシステムが整う天武・持統朝まで、通史として俯瞰し見えてくる新たな歴史像!下巻

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮選書
    • 私の日本古代史 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      私の日本古代史 全 2 巻

      2,552円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      著作集をすでに読んでる人からすると、簡易版に見えてしまうかもしれない。新しいアイディアも盛り込んであるようで、著者の年齢を考えると素晴らしいと思う。
      プロ・アマ関係なく勉強になる本という感じ。

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      上巻に比べると、さすがに資料増えてきたおかげかはるかに良い内容になっています
      逆に言えば新鮮さがなくはありますが、古代日本史入門の手引きとしては有益な仕上がりに下巻はなっていると感じます

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      日本における中華思想いまも

      上巻に続いていかにも学者らしい冷静な筆致で、継体朝から律令国家の成立までをバランスよく記述している。最近「聖徳太子」が実在しなかったとか、「古事記」は偽書であるなどという...

      続きを読む
    開く

    セーフモード