吾輩は猫である

夏目漱石

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    中学教師苦沙弥先生の書斎に集まる明治の俗物紳士達の語る珍談・奇譚、小事件の数かずを、先生の家に迷いこんで飼われている猫の眼から風刺的に描いた、漱石最初の長編小説。江戸落語の笑いの文体と、英国の男性社交界の皮肉な雰囲気と、漱石の英文学の教養とが渾然一体となり、作者の饒舌の才能が遺憾なく発揮された、痛烈・愉快な文明批評の古典的快作である。

    続きを読む
    • 吾輩は猫である 全 1 冊

      未購入の巻をまとめて購入

      吾輩は猫である 全 1 冊

      693円(税込)
      6pt獲得
    新刊を予約購入する

    レビュー

    レビューコメント(190件)
    • 2019/05/02
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2015/07/23

      ・一匹の猫の目を通して描かれた小説、文豪夏目漱石のデビュー作です。

      夏目金之助、のちの漱石は、東京帝国大学を卒業したのち、熊本の高等学校で英語教師を務めていました。
      明治33年に文部(科)省からイギ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2011/12/12

      昨日(12月9日)は夏目漱石の没後95年目に当たる日でした。『吾輩は猫である』はたいそう思ひ出深い作品であります。
      いはゆる児童書以外で、一般の書籍として初めて買つて貰つたのが本書であつたのです。小学...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード