【最新刊】リカと3つのルール―自閉症の少女がことばを話すまで―

リカと3つのルール―自閉症の少女がことばを話すまで―

東条健一

1,144円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    他の子となにかが違う……医師の診断は「ことばの概念がありません」。重度の自閉症だった。父親である著者は、治療法を追い求め、ついに画期的な方法論に出会う。それは人を動かすための普遍的なルールを駆使することだった。「リカ、ご飯、食べたい」。わが子にことばをもたらした、だれもが役立てられるその方法とは?

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本

    レビュー

    • 2013/03/23Posted by ブクログ

      2013/3/22 自閉症を治す壮絶で小説のようにドラマチックな話。人を動かす普遍のルールで治すところが普遍たる絶対の証明。

    • 2013/04/03Posted by ブクログ

      (No.13-19) ノンフィクションです。

      一生言葉を理解できないだろうと診断された自閉症の娘(リカちゃん)を持った著者が、行動療法というものに出会い、言葉が話せるまでに療育したことが書かれていま...

      続きを読む
    • 2013/10/17Posted by ブクログ

      リカちゃん、ありがとう!
      むきむきの心が飛び込んでくる前半。リカちゃんの心の中はのぞけないけど、パパである著者自身が自分自身の過去を振り返り、私の心もぐらぐらと自分自身のことを思いめぐらす。
      冷静に語...

      続きを読む
    開く

    セーフモード