乱鴉の島

有栖川有栖

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    友人の作家・有栖川有栖と休養に出かけた火村は、手違いから目的地とは違う島に連れて来られてしまう。通称・烏島と呼ばれるそこは、その名の通り、数多の烏が乱舞する絶海の孤島だった。集まり来る人々。癖のある住人。奇怪な殺人事件。精緻なロジックの導き出す、エレガントかつアクロバティックな結末。これぞ本格!

    続きを読む

    レビュー

    3.5
    80
    5
    9
    4
    33
    3
    33
    2
    5
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2020/01/08Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      結構久しぶりな再読。と言っても肝心の秘密は覚えていたものの犯人はすっかり忘れていたのだが。昔に読んだ時より印象深いというか面白く感じたのは私が年を取った事で登場人物に感情移入しやすい素地が整ったからか...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/10/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード