ラッシュライフ

伊坂幸太郎

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    泥棒を生業とする男は新たなカモを物色する。父に自殺された青年は神に憧れる。女性カウンセラーは不倫相手との再婚を企む。職を失い家族に見捨てられた男は野良犬を拾う。幕間には歩くバラバラ死体登場――。並走する四つの物語、交錯する十以上の人生、その果てに待つ意外な未来。不思議な人物、機知に富む会話、先の読めない展開。巧緻な騙し絵のごとき現代の寓話の幕が、今あがる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      『うちの親分、黒澤さんのこと買ってるんですよ』
      『買うも何も、売ってないんだ』

      『優しいって字はさ、人偏に「憂い」って書くだろう。あれは「人の憂いが分かる」って意味なんだよ、きっと。それが優しいって...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      伊坂幸太郎の【ラッシュライフ】を読んだ。

      僕がこの天才と出会ったのは2年前の春先だったと思う。行きつけの「ビレッジバンガード」で【陽気なギ

      ャングが地球を回す】という本を見つけて衝動買いしたのが初...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      人生の行く末は誰にも分からない。
      未来が見える人はいないのが事実であり、未来を読むことができる案山子は実際のところ存在していないのだろう。
      だが、人は未来を予期できる神を信じ(ここでの神は、実像として...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000276668","price":"693"}]

    セーフモード