【最新刊】ようこそ地球さん

ようこそ地球さん

1冊

星新一

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している――人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    71
    5
    24
    4
    27
    3
    19
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/30Posted by ブクログ

      ショートショート。人間の性癖を皮肉っぽくとらえている。宇宙に関するものが多い。すべて昭和36年6月以前の初期作品とのこと。科学の進んだ現在読んでもそう古さを感じない。2019.10.30

    • 2019/05/06Posted by ブクログ

      ショートショートの枠の中に、風刺の効いたブラックな世界が広がる。
      今読んでも、ぞっとするほど怖い。
      セキストラ、空への門、愛の鍵、処刑、殉教などが特に凄みを感じた。

    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      アッと驚く大逆転が満載な42本のショートショート集。予想の斜め上を行く意外な結末であったり、我々が普段なにげなく信じている倫理・道徳であったり、日々の生活の中でスルーしている事柄であったり、そんな色々...

      続きを読む
    開く

    セーフモード