【最新刊】松風の門

松風の門

山本周五郎

737円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    幼い頃、剣術の仕合で誤って幼君の右眼を失明させてしまった俊英な家臣がたどる、峻烈な生き様を見事に描いた“武道もの”の典型「松風の門」、しがない行商暮しではあるけれども、心底から愛する女房のために、富裕な実家への帰参を拒絶する男の心意気をしみじみと描く“下町もの”の傑作「釣忍」、ほかに「鼓くらべ」「ぼろと釵」「砦山の十七日」「醜聞」など全13編を収録する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント(19件)
    • 松風の門2018/04/29Posted by ブクログ

      壮烈な心と凄絶な生き方を描いて周五郎の右に出る者はあるまい。この作品を発表した2年後には天下分け目のミッドウェー海戦があり日本軍の敗色が濃くなる。八郎兵衛夫婦のやり取りと比べれば、宗利と相談役の朽木大...

      続きを読む
    • 松風の門2013/05/19Posted by ブクログ

      「鼓くらべ」を中学の宿題冊子の問題で読んで気に入ったので、買って全文読むことにしました!!
      お留伊が老人に教えられたことは音楽だけに限らない芸術すべてにも言えることだとも思います。
      最後に亡くなった老...

      続きを読む
    • 松風の門2005/06/04Posted by ブクログ

      醜聞""が自分の性格にもあてはまって面白かった。「表沙汰にできたらなあ」
      「---しかし瘤があるからな、侍の面目、 家名、人には見せられない瘤か、さくらにはそれがみえたんだな」。""砦山の十七日""も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード