俘虜記(新潮文庫)

大岡昇平

869円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    著者の太平洋戦争従軍体験に基づく連作小説。冒頭の「捉まるまで」の、なぜ自分は米兵を殺さなかったかという感情の、異常に平静かつ精密な分析と、続編の俘虜収容所を戦後における日本社会の縮図とみた文明批評からなる。乾いた明晰さをもつ文体を用い、孤独という真空状態における人間のエゴティスムを凝視した点で、いわゆる戦争小説とは根本的に異なる作品である。横光利一賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード