【最新刊】ふたり

ふたり

赤川次郎

528円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お姉ちゃんは高校二年までしか生きなかった。でも、私が来年高校一年になり、二年になり、三年になったら、私はお姉ちゃんの歳を追い越してしまう。それでもお姉ちゃんは、ずっと私の中にいてくれる?死んだはずの姉の声が、突然、頭の中に聞こえてきた時から、千津子と実加の奇妙な共同生活が始まった……。妹と17歳で時の止まった姉。絶対泣ける、二人の姉妹のほろ苦い青春ファンタジー。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2009/07/14Posted by ブクログ

      赤川次郎つながりで、『セーラー服と機関銃』の後に読みました。読み終えるまで、これが映画になっていたことにまったく気づきませんでした。大林宣彦監督という名前を見て、おお、そういえばあったあった! 確か石...

      続きを読む
    • 2011/10/14Posted by ブクログ

      大学時代に読みました。
      私の中の赤川次郎作品ベスト1の気がします。
      (いまも赤川作品を読み続けているので、今後、変更があるかもしれませんが)

      ダメな妹と優等生のお姉ちゃんの二人姉妹。
      けれど、ある日...

      続きを読む
    • 2019/11/21Posted by ブクログ

      続編「いもうと」が出版されることを知って、大林宣彦監督の映画は見ていたが原作を読んだかどうか不確かだったので読んでみた。小説の光景が映画の場面場面として浮き上がってきた、映画の出来がすこぶる良かったの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード