パルムの僧院(上)(新潮文庫)

スタンダール/大岡昇平/訳

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    イタリアの大貴族デル・ドンゴ家の次男ファブリスは“幸福の追求”に生命を賭ける情熱的な青年である。ナポレオンを崇敬してウァテルローの戦場に駆けつけ、恋のために殺人を犯して投獄され、獄中で牢獄の長官の娘クレリア・コンチと激しい恋におちる……。小公国の専制君主制度とその裏に展開される政治的陰謀を克明に描き、痛烈な諷刺的批判を加えるリアリズム文学の傑作である。

    続きを読む
    • パルムの僧院 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      パルムの僧院 全 2 巻

      1,342円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    • 2014/08/19Posted by ブクログ

      1796年、ナポレオンのイタリア進行に従軍した著者が、動乱の中で徐々にナポリの文化に平常心を見出して行くストーリー。

      ヨーロッパという地続きの感覚がザラザラと、世界史で習ったフレームに色合いを与えて...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/08/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/02/12Posted by ブクログ

      正直、前半は退屈だった。以前に読んだ赤と黒がよかったので我慢して読んでいると、後半から急に面白くなってきた。
      会いたくても会えない苦しさが伝わってくる。
      しかし、無神論の自分としては盲信による無駄な苦...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000276159","price":"605"}]

    セーフモード