【最新刊】薔薇盗人

薔薇盗人

浅田次郎

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「親愛なるダディと、ぼくの大好きなメイ・プリンセス号へ」──豪華客船船長の父と少年をつなぐ寄港地への手紙。父の大切な薔薇を守る少年が告げた出来事とは──「薔薇盗人」。リストラされたカメラマンと場末のストリッパーのつかの間の、そして深い哀情「あじさい心中」。親友の死を前にして老経営者に起きた死生への惑い「死に賃」。人間の哀歓を巧みな筆致で描く、愛と涙の6短編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 薔薇盗人2008/10/02Posted by ブクログ

      【ひなまつり】
      ただひたすら泣きたい時に読む本です。
      これぞ「泣かせの浅田」作品という感じ。
      意思に関係なく涙が出てくるので,公共の場所で読むのは注意が必要。

      水商売の母と二人暮らしの少女が主人公。...

      続きを読む
    • 薔薇盗人2008/10/13Posted by ブクログ

      「あじさい心中」「ひなまつり」などの王道スタイルの短編と
      会話形式の「奈落」、書簡形式の「薔薇盗人」などの変則スタイルの短編が
      良い具合に混じって、飽きずに読める短編集。
      長さ的にも、電車やちょっとし...

      続きを読む
    • 薔薇盗人
      ネタバレ
      2014/06/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード