【最新刊】バカの壁

バカの壁

養老孟司

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あの大ベストセラーがついに電子化!「話せばわかる」なんて大ウソ!イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人。互いに話が通じないのは、そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。その「バカの壁」とは何か……?いつの間にか私たちを囲む様々な「壁」。それを知ることで世の中が見えてくる!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.3
    560
    5
    72
    4
    158
    3
    234
    2
    68
    1
    28
    レビュー投稿
    • 2019/03/15Posted by ブクログ

      養老さんがいろんな本とか対談の中で語ってきた要素がギュッと凝縮されてる感じ。
      放っておいても出てきちゃうのが個性とかって言われると、個性を求められるコミュニティの中で育ってきた自分からすると救いのよう...

      続きを読む
    • 2013/12/27Posted by ブクログ

      はじめてこの本を読んだのが福岡県西方沖地震のあった2005年(平成17年)3月20日の頃だったので、もう8年半以上経っている。覚えている内容は個性を求める教育はおかしくて、子どもに求めるなら人の気持が...

      続きを読む
    • 2009/08/07Posted by ブクログ

      教育現場において、おまえの個性を伸ばせなんて馬鹿なことは言わない方がいい。それよりも親の気持ちが分かるか、友達の気持ちが分かるか、ホームレスの気持ちが分かるかというふうに話を持っていくほうが、余程まと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード