ねじれの国、日本(新潮新書)

堀井憲一郎

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    この国は、その成立から、ずっとねじれている。今さら世界に合わせる必要はない。ねじれたままの日本でいい――。建国の謎、天皇のふしぎ、辺境という国土、神道のルーツなど、この国を“日本”たらしめている“根拠”をよくよく調べてみると、そこには内と外を隔てる決定的な“ねじれ”がある。その奇妙で優れたシステムを読み解き、「日本とは何か」を問い直す。私たちのあるべき姿を考える、真っ向勝負の日本論。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード