人間の器量(新潮新書)

福田和也

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    優れた人はいる。感じのいい人もいる。しかし、善悪、良否の敷居を超える、全人的な魅力、迫力、実力を備えた人がいない。戦後、日本人は勉強のできる人、平和を愛する人は育てようとしてきたが、人格を陶冶し、心魂を鍛える事を怠ってきた。なぜ日本人はかくも小粒になったのか――。その理由と本質に迫ることこそが、日本人が忘れたものを再認識させ、人生を豊かにしてくれるのである。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード