人間失格

太宰治

308円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「恥の多い生涯を送って来ました」。そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自らにくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子でした」と。だれもが自分のことだと思わせられる、太宰治、捨て身の問題作。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(1192件)
    • 2010/01/27

      人間、失格。もはや自分は完全に人間でなくなりました。



      この本を読んで太宰治は天才だと思った。極めて狂っている。芥川龍之介や川端康成のように天才は破綻者が多いのか?
      この作品は太宰治の私小説だと思...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2020/12/23
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2008/05/20

       葉蔵は、自分一人が他の人間と全く違っているのではないかという不安と恐怖から、人間とまともに話をすることができなかった。そこで、彼は、人間に対する最後の求愛の手段として道化することを選び、実行した。表...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード