【最新刊】楡家の人びと(第一部~第三部) 合本版

楡家の人びと

北杜夫

2,013円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    溢れる楽天性と人当たりの良さで患者の信頼を集めるドクトル楡基一郎が、誇大妄想的な着想と明治生まれの破天荒な行動力をもって、一代で築いた楡脳病院。その屋根の下で、ある者は優雅に、ある者は純朴に、ある者は夢見がちに、ある者は漠とした不安にとまどいながら、それぞれの生を紡いでゆく。東京青山の大病院と、そこに集う個性豊かな一族の、にぎやかな年代記の幕が上がる。 ※当電子版は『楡家の人びと』(第一部)~(第三部)の全三巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/27
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • 楡家の人びと 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      楡家の人びと 全 3 巻

      2,013円(税込)
      20pt獲得

    レビュー

    • 2019/03/13Posted by ブクログ

      「小説を飲食物にたとえると」『楡家の人々』は「山海の珍味が入った豪華な鍋料理に当たります。」
      評したのは倉橋由美子(『偏愛文学館』)さん。

      そう
      豪華な食事、いえ読み応えのある小説でした。
      歌人...

      続きを読む
    • 2019/01/05Posted by ブクログ

      アパートの図書コーナーに「楡家の人びと」を見つけました。たまたま、12月24日の日経に紹介記事があり、これも出会いだと思って読み始めたところ、夢中になってしまいました。

      本書は楡脳病院を舞台に、大正...

      続きを読む
    • 2011/11/16Posted by ブクログ

      父の本棚から抜き取って読み始めたのは中学生の頃か高校生になってからのことか定かではありませんが、その頃読んだ本は立派なケース入りの分厚い単行本でした。つい最近逝去された北杜夫さんのマンボウシリーズも楽...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001515353","price":"2013"}]

    セーフモード