【最新刊】ドナウの旅人(下)

ドナウの旅人

宮本輝

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    絹子は娘・麻沙子の説得にも応じず、ドナウの終点、黒海まで行くと言い張る。絹子の若い愛人・長瀬の旅の目的に不安を感じた麻沙子とシギィは、二人に同行することにした。東西3000キロ、七ヶ国にまたがるドナウの流れに沿って二組の旅は続く。様々な人たちとの出逢い、そして別れ――。母と娘それぞれの、年齢を超えた愛と、国籍を超えた愛を、繊細な筆致で描き上げた人生のロマン。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • ドナウの旅人 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      ドナウの旅人 全 2 巻

      1,485円(税込)
      14pt獲得

    レビュー

    • 2007/09/01Posted by ブクログ

      ドナウ河2860Km
      以前の西ドイツのドナウエシンゲンに始まり、オーストリア、ハンガリー、ユーゴスラビア、ブルガリア、ルーマニア、黒海へと続く。
      作者が実際に旅していなければこの描写はありえない。...

      続きを読む
    • 2006/06/03Posted by ブクログ

      ドナウ河に沿って旅をする。
      そんな手紙を送ってきた母親を追ってドイツへ飛んだ主人公の麻紗子。
      そして、西ドイツの地で、母が17歳も年下の33歳の男性と一緒に旅をしている事を知って驚愕する。
      とにかく早...

      続きを読む
    • 2020/07/01Posted by ブクログ

      私も10年前、ニュルンベルクから、レーゲンスブルク、パッサウ、そしてウィーンへとドナウ川に沿って旅をしたことがあり、この物語の主人公達が旅するのと全く同じ順番にドナウ川沿いの街がでてきて、私も見たその...

      続きを読む
    開く

    セーフモード