【最新刊】東電OL殺人事件

東電OL殺人事件

佐野眞一

781円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女は私に会釈して、「セックスしませんか。一回五千円です」といってきました――。古ぼけたアパートの一室で絞殺された娼婦、その昼の顔はエリートOLだった。なぜ彼女は夜の街に立ったのか、逮捕されたネパール人は果たして真犯人なのか、そして事件が炙り出した人間存在の底無き闇とは……。衝撃の事件発生から劇的な無罪判決までを追った、事件ノンフィクションの金字塔。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本

    レビュー

    • 2010/03/19Posted by ブクログ

      「セックスしませんか、一回5千円です」
      そう言って、東京都渋谷区円山町界隈で売春をしていた、昼間は東京電力のエリート社員である渡辺泰子さん(39歳)が、古ぼけたアパートで紋殺遺体で発見されたのが、13...

      続きを読む
    • 2011/02/18Posted by ブクログ

       斎藤学の本から拾った本。どうしても読まねば、かなりいきごみ、じっくりと時間をかけ、読了した。
       三年くらい前に読み終えたのだけど、ようやくレビューを書ける。無意識の不自由さ、それから、無意識の「自罰...

      続きを読む
    • 2011/06/08Posted by ブクログ

      ノンフィクションの名著。著者・佐野眞一の表現の多様性に圧倒される。まるで小説を読んでいるかのよう。
      普通、事件モノといえば、理解不能な行動を犯した加害者に焦点が当たるもの。東電OL殺人事件では、被害者...

      続きを読む
    開く

    セーフモード