【最新刊】蕩尽王、パリをゆく―薩摩治郎八伝―(新潮選書)

蕩尽王、パリをゆく―薩摩治郎八伝―(新潮選書)

鹿島茂

1,232円(税込)
1%獲得

12pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和初期、正真正銘の「セレブ」として、パリの社交界で輝いた日本人がいた。木綿で巨利を得た貿易商家に生まれ、ロンドンに留学。コナン・ドイルや「アラビアのロレンス」、イサドラ・ダンカン、藤田嗣治といった著名文化人と交流し、自分の財布からフランス政府にパリ日本館を寄贈した「東洋のロックフェラー」の決定的評伝。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮選書

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 蕩尽王、パリをゆ...
      2012/11/08

      面白そうなタイトルだな…と思ったら「馬車が買いたい」「明日は舞踏会」の鹿島茂さんの本だったので、手に取りました。

      それにしてもまあ、昔の紳士たちは格好良かったのですね…。生活することが仕事、という恵...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード