【最新刊】つゆのひぬま

つゆのひぬま

山本周五郎

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    深川の小さな娼家に働く女“おぶん”の、欺かれることを恐れぬ一途なまごころに、年上の“おひろ”の虐げられてきたがゆえの不信の心が打負かされる姿を感動的に描いた人間賛歌「つゆのひぬま」。そのほか、江戸時代を舞台にした作品7篇に、平安朝に取材し現代への痛烈な批判をこめた「大納言狐」、現代ものの傑作「陽気な客」を加え、山本周五郎のさまざまな魅力を1冊に収めた短篇集。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント(12件)
    • つゆのひぬま
      2006/09/17

      「つゆのひぬま」とは「露の干ぬ間」である。

      深川の小さな娼家に働くおぶん
      不幸な過去を持つ良助を客にとる。

      年かさの娼婦おひろは、労咳の浪人の夫と子供をかかえている、と
      自分の身の上話を作り上げ、...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • つゆのひぬま
      2007/01/20

      「つゆのひぬま」とは「露の干ぬ間」である。 深川の小さな娼家に働くおぶん不幸な過去を持つ良助を客にとる。 年かさの娼婦おひろは、労咳の浪人の夫と子供をかかえている、と自分の身の上話を作り上げ、金をため...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • つゆのひぬま
      2010/10/13

      「武家草鞋」
      「みんな、金、金、金・・・だ。この世は腐ってる。世間全体が欺瞞と狡猾の組み合わせだ!」と、伝三郎はこの世に絶望し、死を求めて深山に入る。
      が、老人と娘に助けられ、一緒に暮らすうちに生きる...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード