【最新刊】ちいさこべ

ちいさこべ

山本周五郎

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    江戸の大火ですべてを失いながら、みなしご達の面倒まで引き受けて再建に奮闘してゆく大工の若棟梁の心意気がさわやかな感動を呼ぶ表題作、藩政改革に奔走する夫のために藩からの弾圧を受けつつも、真実の人間性に目を見ひらいてゆく健気な女の生き方を描く『花筵』、人間はどこまで人間を宥しうるかの限界に真正面から挑んだ野心作『ちくしょう谷』など、中編の傑作4編を収録する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    レビューコメント(19件)
    • ちいさこべ
      2011/06/03

      中編の傑作4編からなる。表題作の『ちいさこべ』は江戸の大火ですべてを失いながらも、焼け出されたみなしご達の面倒まで引き受け、再建へと奮闘していく大工の棟梁とそれを取り巻く人々らのつながり、絆に感動を覚...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ちいさこべ
      2009/12/11

      表題作「ちいさこべ」は、人と人のつながりが丁寧に描かれていて、とてもやさしい気持ちで読めた。
      一方、「ちくしょう谷」はひたすら耐える部分もある、静かな小説で、読後感はやさしい気持ちなどというものとはほ...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • ちいさこべ
      2014/01/31

       図書館より
       中編四編収録の作品集。

       一番印象的だったのは『ちくしょう谷』。一人の武士が世間から隔絶された村落の人々に教育を施しつつ、兄の死の真相を知った彼がどう行動するのか、という点も描かれま...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード