大黒屋光太夫(上)

吉村昭

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天明2年(1782)、伊勢白子浦を出帆した回米船・神昌丸は遠州灘で暴風雨に遭遇、舵を失い、七カ月後にアリューシャンの小島に漂着した。沖船頭・光太夫ら十七人の一行は、飢えと寒さに次々と倒れる。ロシア政府の意向で呼び寄せられたシベリアのイルクーツクでは、生存者はわずかに五人。熱い望郷の思いと、帰国への不屈の意志を貫いて、女帝エカテリナに帰国を請願するが……。

    続きを読む
    • 大黒屋光太夫 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      大黒屋光太夫 全 2 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(20件)
    • 2012/11/13Posted by ブクログ

      下巻では帰国がなかなか叶わぬロシアでの苦難な生活から女帝エカテリナへの謁見、また、その後の帰国・日本での余生まで、まさに波乱万丈の一生に心を動かされた。
      ロシアで光太夫等の帰国に労を惜しまないキリロの...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/04/14Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2021/01/12Posted by ブクログ

      天明2年暴風でロシアのアリューシャン列島に漂着した漁師の大黒屋光太夫と17人の仲間たちが帰国を夢見てシベリアからペテルブルクまで赴き帰国するまでを描いた歴史小説の傑作。いや、冒険小説の傑作。女帝エカテ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード