【最新刊】大川契り―善人長屋―(新潮文庫)

善人長屋

西條奈加

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    掏摸(すり)に騙(かた)りに美人局(つつもたせ)。住人が全員悪党の「善人長屋」に紛れ込んだ本当の善人・加助が、またしても厄介事を持ち込んだ。そのとばっちりで差配母娘は盗人一味の人質に。長屋の面々が裏稼業の技を尽して救出に動く中、母は娘に大きな秘密を明かす。若かりし頃、自らの驕(おご)り高ぶった態度が招いた大きな罰のことを――。流れゆく大川が静かに見つめた、縺(もつ)れた家族の行方を丹念に描く人情時代小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2018/12/21
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 善人長屋 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      善人長屋 全 3 巻

      1,991円(税込)
      19pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(83件)
    • ネタバレ
      2013/10/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 1巻2013/08/17Posted by ブクログ

      短編が9つ、どれも読後感が爽快だ.最後の2つは連作で加助の妻との話だが、複雑な筋が巧みに組み合わされている.長屋の皆が裏稼業を持っているという設定もユニークで、難題が持ち上がるたびにそれぞれの特技が遺...

      続きを読む
    • 2017/10/22Posted by ブクログ

      今作は長編。
      前作の最終話から物語が続いているような形になっている。

      前作は、どちらかというと、のほほ~んとした雰囲気だったのに対し、今作は長屋の住民の周りで凄惨な事件が巻き起こる。
      ハラハラ・ドキ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード