世界の宗教がざっくりわかる

島田裕巳

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    経済がグローバル化し、科学が進歩した世界においてなお、宗教の存在感は増す一方である。宗教を知ることなしに、政治や経済、事件の本質を理解することはかなわない。しかも、ひとつひとつの宗教を別個に捉えていては何も見えてこない。キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、仏教等、それぞれの歴史、教義、関係性を一気に学んでこそ、私たちは全体像を得ることができるのだ――現代人のための宗教ナビゲーション。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/06/15Posted by ブクログ

      ほんとざっくりしていて助かった。

      数ある宗教の特性と、その宗教が生まれた背景、ひいてはそれらの比較など、とても分かりやすくて勉強になる。
      宗教の法典に込められたメッセージから原理主義者の行動を説明さ...

      続きを読む
    • 2014/07/12Posted by ブクログ

      本書は宗教間の関連性を知る上で、多くの方に読んでいただきたい良書。
      世界史を学んだ方なら、その宗教と他の宗教がどの様に影響しあっていたか、まさに国の勢力図の変遷が浮かんでくる。
      あまりにざっくりながら...

      続きを読む
    • 2013/03/15Posted by ブクログ

      宗教をあくまで中立的に、偏りなく伝えることをコンセプトにして書いた本だそうです。読んでみるとそのコンセプト通り一切の偏りなくを無くし、あくまで事実に基づいて書いているんだということがよくわかります。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000275641","price":"660"}]

    セーフモード