【最新刊】深夜特急5―トルコ・ギリシャ・地中海―(新潮文庫)【増補新版】

深夜特急

沢木耕太郎

649円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アンカラで〈私〉は一人のトルコ人女性を訪ね、東京から預かってきたものを渡すことができた。イスタンブールの街角では熊をけしかけられ、ギリシャの田舎町では路上ですれ違った男にパーティーに誘われて……。ふと気がつくと、あまたの出会いと別れを繰り返した旅も、いつのまにか「壮年期」にさしかかり、〈私〉はこの旅をいつ、どのように終えればよいのか、考えるようになっていた――。高田宏氏との対談「旅を生き、旅を書く」を収録。「あの旅をめぐるエッセイV 書物の漂流」が新たに追加された【増補新版】。※本電子書籍は、令和二年九月発行の新潮文庫(新版)を底本としています。

    続きを読む
    提供開始日
    2020/09/01
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    • 深夜特急 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      深夜特急 全 5 巻

      3,069円(税込)
      30pt獲得

    レビュー

    • 2010/08/12Posted by ブクログ

       僕はインドでムチに打たれたことがある。別にそんな趣味があるわけではない。1989年8月15日、インドの独立記念日、ベナレスでの出来事である。その日の朝早く、イスラム教徒が派出所を襲い、つまり暴動が起...

      続きを読む
    • 2019/01/10Posted by ブクログ

      「その無責任さの裏側には深い虚無の穴が空いているのです。それは場合によっては自分自身の命すら無関心にさせてしまうほどの虚無です」

      「着いて一週間ほどは、カトマンズという街の温もりに包まれて、落ち着い...

      続きを読む
    • 2017/04/14Posted by ブクログ

      先ず冒頭に訂正です。

      第二巻の読書感想文に書いた大沢たかお氏主演の「劇的紀行 深夜特急」、この本を映像化したものですが、これが割と面白い旨を書きました。

      が、しかし。改めてユーチューブで観ましたが...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A002436634","price":"649"}]

    セーフモード