新潮文庫 20世紀の100冊(新潮新書)

関川夏央

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    文学作品は、時代から独立して存在しているわけではない。その作品が書かれ、受け入れられ、生き残ってきたことには理由がある。与謝野晶子、夏目漱石、森鴎外などの古典から、谷崎潤一郎、三島由紀夫などの昭和の文豪、現代の村上春樹、宮部みゆきまで、1年1冊、合計100冊の「20世紀の名著」を厳選。希代の本読み、関川夏央による最強のブックガイド。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/01/07Posted by ブクログ

      「新潮文庫20世紀の100冊」関川夏央。新潮新書2009年。



      「本についての本」が、結構好きです。
      「お、これ読んでみようかな」とかそういう発見がありますから。

      新潮文庫と言えば、子どもの頃...

      続きを読む
    • 2011/05/22Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      文学作品は、時代から独立して存在しているわけではない。
      その作品が書かれ、受け入れられ、生き残ってきたことには理由がある。
      与謝野晶子、夏目漱石、森鴎外などの古典から、谷崎潤一郎、三島由...

      続きを読む
    • 2016/03/18Posted by ブクログ

      1年につき1冊っていう縛りのせいで、どうしてもチョイスが難しかったんだろうな、っていうのが垣間見える本。そのことは、前書きで著者も書いてますけどね。当然というか、そこまで奇を衒った本が入選するわけでも...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000275555","price":"660"}]

    セーフモード