白い人・黄色い人

遠藤周作

464円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    『白い人』は、醜悪な主人公とパリサイ的な神学生との対立を、第二次大戦中のドイツ占領下リヨンでのナチ拷問の場に追いつめ、人間実存の根源に神を求める意志の必然性を見いだそうとした芥川受賞作。『黄色い人』は、友人の許婚者をなんらの良心の呵責も感じずに犯す日本青年と、神父を官憲に売った破戒の白人僧を描いて、汎神論的風土における神の意味を追求する初期作品。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード