【最新刊】正雪記(下)

正雪記

山本周五郎

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    島原の乱以後、徳川の天下は益々揺ぎないものになっていった。間一髪、奸計から逃れた正雪は、諸国放浪の末、江戸に戻り兵学塾を開く。そんな折、浪人が田畑を巡り騒動を起こした。幕府の浪人統制が厳しくなる中、正雪は対応改善の進言を胸に秘め、因縁の紀伊家へと向かう。しかし、またしても老中信綱の策謀が――。周五郎が新たな歴史解釈に挑んだ傑作歴史長編、堂々完結。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 正雪記 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      正雪記 全 2 巻

      1,320円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 2013/08/03

      正雪によるクーデータと思われる慶安事件の真相を解く。事実はでっち上げではないかという仮説を立て、時代の流れと権力の犠牲になった悲劇として追求する作品。浪人圧迫の政策がゆるみ生きる道を与えるために必要と...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2018/02/02

      油井正雪の乱として授業で習う慶安の変は、教科書的にいうと、大量発生した浪人対策を怠る幕府に対する反抗ということになる。3代将軍徳川家光の時代までの武断政治により改易された藩からは主家を失った浪人が大量...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 1巻
      2013/07/20

      由井正雪。通説で言われる人物像を切り崩す。圧倒的な筆致力と深みのある内容。前半は島原の乱までの浪士との触れ合いを描く。周五郎の時代歴史小説はやはり群を抜くな〜。

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード