【最新刊】死の壁

死の壁

養老孟司

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    過去に死ななかった人はいない。人間の死亡率は100%なのだから――。誰もが必ず通る道でありながら、目をそむけてしまう「死」の問題に『バカの壁』の養老先生がズバリ解答!Q.自殺はダメ?A.「どうせ死ぬんだから慌てるんじゃねえ」Q.生きがいとは何か?A.「そんな問いは暇の産物。トイレに行きたいときに考える?」Q.なぜ人を殺してはいけないのか?A.「死は回復不能だから」……など、死にまつわるさまざまなテーマを通じて、現代人が生きていくための知恵を考える。逃げず、怖れず、考えた最終解答!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ
    • 死の壁 全 1 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      死の壁 全 1 巻

      660円(税込)
      6pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(137件)
    • 死の壁2006/12/11Posted by ブクログ

      バカの壁の続編的本です。
      一言で要約すると、死について考えなくなった現代人の心にバカの壁がある、といったところでしょうか。

      ビートたけしが、いつも「死」について考えておくべきだと言っている。自分自身...

      続きを読む
    • 死の壁2020/06/28Posted by ブクログ

      東京大学名誉教授であり、解剖学者である、養老孟司が死について語った一冊。同氏の大ベストセラーである“「バカの壁」の続きみたいなもの”と位置づけられているが未読でも支障はない。

      日本人の死生観の変...

      続きを読む
    • 死の壁2020/01/14Posted by ブクログ

      なぜ人を殺してはいけないのか?
      ハエを叩き潰すのにはハエたたきが1本あればいい、じゃあそうやって会えた時で潰したハエを元に戻せますか?
      同じように人を殺したら二度とつくれない。
      他人というとりかえしの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード