【最新刊】沈まぬ太陽(一~五) 合本版

沈まぬ太陽

山崎豊子

3,531円(税込)

この作品はブラウザでは読めません。アプリでお楽しみください。

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    広大なアフリカのサバンナで、巨象に狙いをさだめ、猟銃を構える一人の男がいた。恩地元、日本を代表する企業・国民航空社員。エリートとして将来を嘱望されながら、中近東からアフリカへと、内規を無視した「流刑」に耐える日々は十年に及ぼうとしていた。人命をあずかる企業の非情、その不条理に不屈の闘いを挑んだ男の運命――。人間の真実を問う壮大なドラマが、いま幕を開ける! ※当電子版は『沈まぬ太陽』(一)~(五)の全五巻をまとめた合本版です。

    続きを読む
    提供開始日
    2015/03/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸
    • 沈まぬ太陽 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      沈まぬ太陽 全 5 巻

      3,531円(税込)
      35pt獲得

    レビュー

    • 2006/10/07Posted by ブクログ

      この作品を「どう読むか」については議論のあるところだと思います。
      事実に取材し、小説的に再構築するという手法には、人物や各機関、組織についてモデルを明らかに推定できるもの(推定どころか御巣鷹山の遺族は...

      続きを読む
    • 2011/01/08Posted by ブクログ

      読後感・・・・最悪です。

      途中までの感想は前にも書きましたが、

      第一巻、第二巻は、恩地さんという人が組合活動を率いてストをしたりしたことから左遷され、カラチ、テヘラン、ナイロビと10年間もへき地に...

      続きを読む
    • 2010/11/25Posted by ブクログ

      1〜5までのレビューを分けずにここに書かせていただきます。

      政治と金と会社が密接に関わっている半官半民の国民航空(NAL)の1980年代ののお話です。

      主人公は1〜5巻通して恩地元。
      1、2巻はひ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001512365","price":"3531"}]

    セーフモード