地獄の日本兵―ニューギニア戦線の真相―(新潮新書)

飯田進

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    敵と撃ち合って死ぬ兵士より、飢え死にした兵士の方が遥かに多かった――。昭和十七年十一月、日本軍が駐留するニューギニア島に連合軍の侵攻が開始される。西へ退却する兵士たちを待っていたのは、魔境と呼ばれる熱帯雨林だった。幾度となく発症するマラリア、友軍の死体が折り重なる山道、クモまで口にする飢餓、先住民の恨みと襲撃、そしてさらなる転進命令……。「見捨てられた戦線」の真実をいま描き出す。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード