三十光年の星たち(上)(新潮文庫)

宮本輝

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    彼女にも逃げられ、親からも勘当された無職の青年、坪木仁志は謹厳な金貸しの老人、佐伯平蔵の運転手として、丹後・久美浜に向かった。乏しい生活費から毎月数千円を三十二年に渡って佐伯に返済し続けた女性に会うためだった。そこで仁志は本物の森を作るという運動に参加することになるのだが──。若者の再起と生きることの本当の意味を、圧倒的な感動とともに紡ぎ出す傑作長編。

    続きを読む
    • 三十光年の星たち 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      三十光年の星たち 全 2 巻

      1,386円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    4.1
    14
    5
    8
    4
    1
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/12/02Posted by ブクログ

      久々の宮本輝氏の作品。10年くらい前まではよく読んでいたけど、最近は上巻の途中で中断してしまうようなことが多くて。これは久々に貪るように読み、マーカー片手に線をひきまくりました。宮本氏の作品には得てし...

      続きを読む
    • 2013/12/09Posted by ブクログ

      人生が救われる言葉は存在する。仁志は佐伯老人からいくつもの言葉を得、彼自身も知らなかった自分の心根を見つけ出していく。生きていく上で自分を本当に育ててくれるのは圧倒的な力を持つ師である。身近に尊敬でき...

      続きを読む
    • 2016/11/20Posted by ブクログ

      迷える若者に読んでほしい1冊だと思う。
      なぜ注目されなかったんだろう。はっきり言ってそう思う。
      主人公の男は何をやっても中途半端なままで来てしまった30歳。
      でも佐伯老人との出会いが人生を変えていくこ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000275259","price":"693"}]

    セーフモード