さよならクリストファー・ロビン

高橋源一郎

1,232円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お話の中には、いつも、ぼくのいる場所がある──いつも考えている幼い少年と、なにかを書く仕事をしているパパ。「お子さま携帯」が時々「けいほう」を鳴らす日々。ぼくは何でもパパに聞き、パパは一緒に考える。物語をめぐり、あらゆる場所を訪れ、新しい物語の誕生に立ち会う。「虚無」と戦うものたちの物語。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(45件)
    • 2020/09/26Posted by ブクログ

      さよならクリストファー・ロビン
      (和書)2012年09月06日 19:34
      高橋 源一郎 新潮社 2012年4月27日


      むかし高橋源一郎のファンだったことがある。かれのファンであったことで得たもの...

      続きを読む
    • 2013/06/05Posted by ブクログ

      この連作短編集は、父子関係が至るところに浮上してくる。しかも、父と幼い子。
      だものだから、いくら「物語」を裏切ろうとする小説であっても、一陣の風のように、どうしたって感情に触れていく。
      とはいえ、いわ...

      続きを読む
    • 2012/06/04Posted by ブクログ

      新しい文体や伝え方を読みたいという要求のほうが、ストーリーの先を知りたいというよりも優先してしまう。筒井康隆や安部公房が好きなのもこのような性向を持つからだろうと思う。テキストという歴史のある限られた...

      続きを読む
    開く

    セーフモード