【最新刊】さぶ

さぶ

1冊

山本周五郎

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    小雨が靄のようにけぶる夕方、両国橋をさぶが泣きながら渡っていた。その後を追い、いたわり慰める栄二。江戸下町の経師屋、芳古堂に住みこむ同い年の職人、男前で器用な栄二と愚鈍だが誠実なさぶの、辛さを噛みしめ、心を分ちあって生きる、純粋でひたむきな愛と行動。やがておとずれる無実の罪という試練に立ち向う中で生れた、ひと筋の真実と友情を通じて、青年の精神史を描く。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代

    レビュー

    4.2
    119
    5
    54
    4
    44
    3
    19
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/02/14Posted by ブクログ

      複数の映像化などもある人気時代小説。メッセージ性が高く、登場人物が生き生きとしており、とても読み応えがあった。巻末の解説も興味深い内容で、とても勉強になった。

    • 2020/02/08Posted by ブクログ

      学生時代に感動した本の約50年ぶりの再読となった。主人公は栄二であるが、題名が「さぶ」となっていることに、さぶの心優しさが、栄二に影響したことを示唆するかのような著者の温かさを感じる。さぶ、おすえ、お...

      続きを読む
    • 2019/11/04Posted by ブクログ

      初周五郎。この著者の名を冠した作品はいくつか読んだけれど、本家は読んでないなということで前から気になっていて…漸くです。オススメいただきましたら(^^
      面白かったです!ここまで思い遣ってくれる友達がい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード