最後の伝令(新潮文庫)

筒井康隆

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    肝硬変末期、全身が衰弱しつつある窓際会社員の体内で情報細胞の最後の旅が始まった。行く先々で様々な情報を蓄えつつ、めざすは延髄末端の十二番街。臓器という都市の混乱を緊迫した筆致で描く表題作ほか、現実と虚構の融合を語る「瀕死の舞台」。桜の木が切々と陳述する「樹木法廷に立つ」等、SF回帰と熱狂的に迎えられ、“死”をめぐる文学的野心作とも激賞された傑作14編。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード