【最新刊】国家の品格

国家の品格

藤原正彦

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「品格」で流行語大賞も受賞した大ベストセラー。虫の音が美しいと思う心、説明無用「駄目なものは駄目」、「卑怯」はいけない――日本人は生まれながらにして善徳や品性を持っている。国際化という名のアメリカ化に踊らされてきた日本人は、この誇るべき「国柄」を長らく忘れてきてしまった。いま日本に必要なのは何か?それは論理よりも情緒、英語よりも国語、民主主義よりも武士道精神であり、「国家の品格」を取り戻すことである!すべての日本人に誇りと自信を与える画期的日本論。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    • 2012/05/18Posted by ブクログ

      殆どの部分に共感できました。行動規範として活用します。

      ただ、これだけのベストセラーになりながら、社会は何も変わってないどころか、逆に本当に英語の授業が公立小学校に取り入れられてしまったりと、どんど...

      続きを読む
    • 2007/07/03Posted by ブクログ

      (2006年2月7日読了)(2006.02.05購入)
      藤原さんは、アメリカやイギリスで暮らしたことがあり、その中で日本人であることを意識しながら考えてきた。
      幾つかのエッセイの中で、日本人について、...

      続きを読む
    • 2008/01/20Posted by ブクログ

      著者の藤原雅彦氏は今現在の日本の西欧化、つまり、合理主義だとか論理主義などが日本を支配されている状況を危惧していて、論理はもちろん大切なのだがそれ以上に日本人が本来持っている情緒だとか形だとか言うもの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード