『こころ』は本当に名作か―正直者の名作案内―(新潮新書)

小谷野敦

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    文学に普遍的な基準はありません。面白いと思うかどうかは、読者の年齢や経験、趣味嗜好に左右されます。「もてない男」に恋愛小説が、そのケのない人に同性愛的文学がわからなくても、仕方のないこと。世評高い漱石の『こころ』やドストエフスキーは、本当に面白いのでしょうか?読むべきは『源氏物語』か『金閣寺』か?世界の古典を「大体読み終えた」著者が、ダメならダメと判定を下す、世界一正直な名作案内。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード