【最新刊】警官の血(下)

警官の血

佐々木譲

693円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    昭和二十三年、上野署の巡査となった安城清二。管内で発生した男娼殺害事件と国鉄職員殺害事件に疑念を抱いた清二は、跨線橋から不審な転落死を遂げた。父と同じ道を志した息子民雄も、凶弾に倒れ殉職。父と祖父をめぐる謎は、本庁遊軍刑事となった三代目和也にゆだねられる……。戦後闇市から現代まで、人々の息づかいと時代のうねりを甦らせて描く警察小説の傑作。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    ミステリー
    • 警官の血 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      警官の血 全 2 巻

      1,386円(税込)
      13pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(128件)
    • 2009/03/11Posted by ブクログ

      激派潜入の任務を果たした民雄は、念願の制服警官となる。勤務は、父と同じ谷中の天王寺駐在所。折にふれ、胸に浮かんでくる父の死の謎。迷宮入りになった二つの事件。遺されたのは、十冊の手帳と、錆びの浮いたホイ...

      続きを読む
    • 2008/04/22Posted by ブクログ

      噂通り素晴らしい作品でした。細かいエピソードがちりばめられているのですが、それぞれ深く描くことなく淡々と時代が流れていく手法は、好みがあると思いますが、これはこれでいいと思いました。NHKの大河ドラマ...

      続きを読む
    • 1巻2009/09/28Posted by ブクログ

      三世代にわたる警官一家の歴史を淡々と書ききった大作。
      戦後すぐに警官となった安城清二。
      上野界隈は浮浪者で溢れていた時代から次第に復興していく有様が描かれます。
      軍隊帰りで、民主主義の時代に希望を抱い...

      続きを読む
    開く

    セーフモード