黒い雨(新潮文庫)

井伏鱒二

737円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島――罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、“黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日常を、無言のいたわりで包みながら、悲劇の実相を人間性の問題として鮮やかに描く。被爆という世紀の体験を、日常の暮らしの中に文学として定着させた記念碑的名作。野間文芸賞受賞。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/08/27Posted by ブクログ

      この有名な小説、恥ずかしながら未読だった。

      わけのわからない新型爆弾が落とされ、誰も確かな情報を持ち得ず間違いだらけの情報の中で負傷し、家を失った人々は、地獄絵そのものの広島で生きながらえるため必死...

      続きを読む
    • 2007/07/08Posted by ブクログ

      いわずと知れた広島原爆の話。
      その当日から終戦、そして数年後の暮らしまでを淡々とした描写で語られています。
      題名として使われている黒い雨についての描写は少なく、ただただなんでもないように語られてい...

      続きを読む
    • 2011/12/16Posted by ブクログ

      井伏鱒二の、原爆投下後のヒロシマを描いた作品。非常に精緻に書かれており、そして原爆の内部被曝の恐ろしさが十二分に伝わってきます。私はヒロシマの地理がよくわかっていないので、広島市地図を購入しました。再...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000274924","price":"737"}]

    セーフモード