【最新刊】雲霧仁左衛門(後)

雲霧仁左衛門

池波正太郎

902円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    尾張・名古屋城下で、五千両余を盗み出し、一人も負傷することなく逃亡した雲霧一味は、再び江戸で、数年後の盗みばたらきに備えて暗躍をはじめる。一方、何度も雲霧一味に煮え湯をのまされた火付盗賊改方と町奉行所は、一味の探索に執念を燃やし、肉薄する……。雲霧仁左衛門は、胸に秘めた最後の盗(つと)めばたらきを成し遂げられるか?稀代の大盗賊・雲霧一代の神出鬼没の大活躍。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 雲霧仁左衛門 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      雲霧仁左衛門 全 2 巻

      1,771円(税込)
      17pt獲得

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      ほんと、今の時代に必要なのはこういう人材ではないかと読んでいてずっと思ってしまった。
      まずは火付盗賊改め方の長官、安部式部。彼の差配は実にいい。部下思いだし、それを自分の手柄としない。こういうの、大事...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      神出鬼没で変幻自在の怪盗・雲霧仁左衛門。
      江戸市中で一人の殺傷もなく1万両を盗み取り、無益な殺傷はせずに大仕事を成し遂げる。次には名古屋の大店・松屋吉兵衛がターゲットに・・・。
      池波氏の大作「鬼平犯科...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      “火付盗賊改”と“雲霧仁左衛門”の一味との攻防を描いたものである…

      両陣営の騙し合い、誤算、巻き返し、意表を突く行動、仲間同士の信頼、裏切り…実に多彩な要素が織り込まれている!!両陣営の多彩な人物達...

      続きを読む
    開く

    セーフモード