【最新刊】羆嵐

羆嵐

吉村昭

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    北海道天塩山麓の開拓村を突然恐怖の渦に巻込んだ一頭の羆の出現!日本獣害史上最大の惨事は大正4年12月に起った。冬眠の時期を逸した羆が、わずか2日間に6人の男女を殺害したのである。鮮血に染まる雪、羆を潜める闇、人骨を齧る不気味な音……。自然の猛威の前で、なす術のない人間たちと、ただ一人沈着に羆と対決する老練な猟師の姿を浮彫りにする、ドキュメンタリー長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/20
    連載誌/レーベル
    新潮社の本
    出版社
    新潮社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2012/02/14Posted by ブクログ

      日本獣害史上最大の惨事と言われる、大正4年の三毛別(さんけべつ)羆(ひぐま)事件。六線択(ろくせんたく)羆事件とも呼ぶ。三毛別も六線択も地名で、両方とも当時政府が積極的に入植させようと頑張っていた開拓...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/03/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/12/21Posted by ブクログ

      吉村昭の羆嵐 (新潮文庫)を読みました。
      大正4年12月、北海道西北部にある苫前郡苫前村で起きた、
      日本史上最大規模の獣害事件を扱ったノンフィクション風小説です。
      体重340kg、体長2.7mのエゾヒ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000274892","price":"440"}]

    セーフモード