九月が永遠に続けば

沼田まほかる

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高校生の一人息子の失踪にはじまり、佐知子の周囲で次々と不幸が起こる。愛人の事故死、別れた夫・雄一郎の娘の自殺。息子の行方を必死に探すうちに見え隠れしてきた、雄一郎とその後妻の忌まわしい過去が、佐知子の恐怖を増幅する。悪夢のような時間の果てに、出口はあるのか――。人の心の底まで続く深い闇、その暗さと異様な美しさをあらわに描いて読書界を震撼させたサスペンス長編。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      これぞ小説!!皮膚から伝わる強烈な文章力に脱帽!
      書店POPの「エロくて怖いホラーサスペンス小説」というフレーズから、これまで手に取るのを躊躇してきた本作。しかし、意を決して読んでみて大正解。同時に、...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2020/06/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      す……すげえ……
      この筆力……一体何なんだ……
      何故これがあまり話題にならないのか全然分からないんだが……


      もうおいらの薄っぺらい日本語じゃ、何の感想も書けないよっ……!
      とにかく、地味な展開から...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000274881","price":"693"}]

    セーフモード