きよしこ

重松清

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと──。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/05/23Posted by ブクログ

      それから もうひとつ




      こちらは ずっと 前に 読んだんだけど




      重松さんの こどものころのことが 書いてあります







      ある お母さんがね




      重松さんが テレビで ...

      続きを読む
    • 2016/06/25Posted by ブクログ

      良かった
      出会えて良かったと思える文句なし五つ星といいたくなる、わたしの好みにはどんぴしゃの本でした

      なんというか、感動した、なんて簡単な言葉で表現したくないのです
      苦しくて、切なくて、嬉しくて、ひ...

      続きを読む
    • 2009/11/14Posted by ブクログ

      また重松清作品です。
      一応これでラスト!
      でも今度また借りる予定。

      転校を繰り返す、吃音の少年の話。
      少年は吃音で「か行」や「た行」「濁音」で始まる言葉が上手に出てこない。
      だから自分の名...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000274849","price":"594"}]

    セーフモード